意識の究明と祈りの集い  用語集

■Sentirする Gustarする :霊操2番:ものを悟り,それを内的に味わう

 El sentir y gustar de as cosas internaamente

■センティルする:Sentirする

「霊的五感」で恵みを感じるという動詞.日本語の感じる,英語のfeel でもないため,「センティルする」と表現します.

五感:身体の体感で,目・耳・鼻・口・皮膚の五つの感覚.

霊的五感:霊的な視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚で神を感じます.

■グスタする:Gustarする

Sentirしている霊的五感を腑に落とす・はらわたする・内的に”味わう”という動詞.日本語の味わうではないため,「グスタする」と表現します.

■究明 きゅうめい:神に愛されている実感を日常生活から振り返る

究明:愛されている実感を,日々,センティル,グスタする

■開心 かいしん:心を神にむけてその場で開くだけ.

「神に愛されるためには,改心,回心,悔心は不要です.神に向かって開心するだけです」(M.テレサ).

意識の究明は開心だけをします.難しい努力はなく,愛を感じる方向に心を向けて,窓を開けるように心の扉を開くだけです.

■神交 しんこう:神を愛する心も神からいただいているという感じ方

まず神から私に交わり,その恵みで私は神に交わります.

先ず神が私に恵みをくださる → 私がセンティルとグスタして → 神を愛する心も神からいただいているという感じ方.

私達は生かされて生きているという感謝を表現した言葉です.

■祈りかどうかすぐわかる言葉:祈ったあとに「~と思った」という説明をする時は,考えていましたが,祈ってはいません.

祈りはセンティル&グスタで,例えば,祈っていて体が穏やかな暖かさを感じるのは,恵みです.選びも,祈りの恵みです.涙も恵みです. 8頁の霊操の第二週の霊の識別の規定を参照してください.

コメント

タイトルとURLをコピーしました